連絡会の活動

活動の記録

参加団体を選ぶ
活動年を選んで表示
日時 タイトル 活動詳細 写真
2016年11月24日 海人交流会 パルシステム茨城主催で開催され、計29名の参加がありました。恩納村漁協3名の方々からは「サンゴ」「もずく」についてプレゼンをしていただき、(株)井ゲタ竹内からは製造工程、安心・安全・品質向上の取り組みを説明、市販品との違いを説明していただきました。その後は「恩納もずく」と市販品の内容量の比較実験、もずくの選別体験、調理実習と凝縮された内容の濃い交流会となりました。
2016年11月22日 海人交流会 パルシステム東京主催で開催され、計11名の参加がありました。恩納村漁協3名に参加いただき「サンゴ」「もずく」について学習しました。その後、もずくの選別体験、沖縄料理の調理実習が行われ、各テーブルで交流が進められました。
2016年11月17日 16年度「もずく基金」生産者交流会(コープかがわ主催) コープかがわ コープ香西店で恩納村漁協山城組合長以下職員、生産者4名をお招きして交流会を開催しました。 学習、サンゴともずくの現状報告後、グループに分かれて意見交流をおこないました。 コープかがわ役職員、組合員総勢56名の参加がありました。
2016年10月31日 もずくの学習会 パルシステム山梨一宮センター仲間作り担当者向けに学習会が行われました。29名の参加がありました。もずくの異物除去作業体験や、もずくの食べ比べ、もずくを使用した料理による昼食体験を通じて、サンゴの価値や業況の取組に理解を深めました。
2016年10月13日~14日 もずく生産者交流会 8名のパルシステム役職員が参加し、恩納村漁協で開催される生産者会議に参加し、2017年の豊漁を共に祈願しました。また、食害対策費として100万円の目録がパルシステム組合員理事から山城組合長へ贈呈されました。
2016年10月5日 恩納村コープサンゴの森連絡会報告会 恩納村 長浜村長から、恩納村のサンゴ再生活動に協力している全国の生協への呼びかけがありました。「恩納村里海協創の輪」を推進する新たな枠組みが動き始めました。
2016年9月11日 第36回全国豊かな海づくり大会~やまがた~ 山形県で第36回全国豊かな海づくり大会が行われました。「恩納村コープサンゴの森連絡会」の活動が評価され、漁場・環境保全部門におきまして、「環境大臣賞」をいただきました。
2016年9月7日 第4回「海人の料理交流会」 9月7日~9日、恩納村漁協、井ゲタ竹内、東海3生協の組合員の皆さんと一緒に、「海人の料理交流会」をあいち小牧市、ぎふ高山市、みえ四日市市の順で開催しました。3会場延べ74名の参加、恩納村のもずくやサンゴ再生の学習会後、もずくの天ぷらや海ぶどうなど、7品目の料理と交流を楽しみました。
2016年8月23日~25日 16年度夏「もずく基金」産地見学・生産者交流会 継続した取り組みとして、次世代につなげる取り組みとして産地交流会を進めました。中国地区5会員、コープかがわの組合員親子16組、職員5名、総勢42名の参加がありました。 もずくとサンゴの繋がりや、現地での体験など親子で学びました。
2016年7月24日 第33回「うんなまつり」 7月24日、岐阜県の郷土料理「ケイちゃん」で出店、東海コープはぐくみ自慢商品「若鶏ケイちゃんしょうゆ味」(岐阜アグリフーズ)と、ニラ野菜炒めミックス(サラダコスモ)を合わせ炒め、1食300円で販売、予定の200食を完売。ケイちゃんの説明をしながらの試食は、地域の皆さんにも好評でした。
2016年7月23日 第33回「うんなまつり」 第33回「うんなまつり」にオタフクソース(株)にご協力いただき、「広島お好み焼き」の販売で参加しました。地域行事への参加を通して、漁協と地域の関係役職員及びまつり来場者との交流を行いました。
2016年7月23日 さんごの海フェスタ 恩納村コミュニティセンターにて、沖縄のサンゴのことを伝えるイベントが開催されました。シンポジウムとして設けられた「サンゴとーく」に、恩納村漁協山城組合長とコープCSネットの塩道専務が参加しました。
2016年5月25日~26日 パルシステム千葉にて、交流会(2会場にて)実施 パルシステム千葉主催で「ほんもの実感!」企画として開催されました。2日間で総勢60名の参加があり、沖縄料理作り、もずくやサンゴの学習が行われました。
2016年5月20日 パルシステム 第8回恩納村美ら海産直協議会総会 総勢36名の参加のもと開催されました。2015年度活動報告の振り返り、2016年度活動方針の確認が行われ、継続してサンゴの植え付けや、生産者と組合員との交流を推進していくこととなりました。また、山城組合長より「モズクの状況」報告、金城青年部長より「パルシステムとの交流について若手生産者が思うこと」について報告がありました。
2016年4月21日 コープサンゴの森連絡会(2016)開催 恩納村漁協(沖縄県)にて、各団体の1年間の活動報告のまとめを報告しました。今後の活動指針について、意見を交換しました。
2016年4月7日 第5回「サンゴ礁再生事業支援協議会総会」及び15年度「もずく基金」贈呈式 第5回「サンゴ礁再生事業支援協議会総会」及び15年度「もずく基金」贈呈式をおこないました。協議会委員10名、来賓2名、事務局、オブザーバー含めて38名参加しました。 15年度は、組合員さんに1,166千点の対象商品をご利用いただき202万円の基金が集まりました。
2016年3月30日 コープの森沖縄恩納村の里海づくり協議会第4回総会 3月30日、恩納村ふれあい体験学習センターにて、第4回総会を7団体34名の参加で開催しました。併せて、2015年度分のサンゴ苗付け資金の目録贈呈をコープぎふ、コープあいち、コープみえの各組合員理事の皆さんより行いました。3生協合計金額は、782,036円前年比107%となりました。
2016年3月25日~27日 パルシステム 産地へ行こう。『沖縄恩納村・サンゴの森づくり』 パルシステムの組合員とその家族43名が「恩納もずく」の産地である恩納村を訪問しました。様々な体験や漁協の皆さんとの交流・見学を通して、恩納村のサンゴの海を守る活動を理解し、「里海」としての取組みを感じることができた3日間でした。
2016年1月29日~30日 沖縄県 恩納村漁協 産地視察研修 パルシステム神奈川ゆめコープ職員・委託配送担当12名が産地研修企画として恩納村漁協を訪問しました。初日は漁場視察、選別体験、サンゴの苗づくり、翌日は平和学習ということで、平和祈念公園、ひめゆり祈念資料館を視察しました。
2015年12月4日 恩納村サンゴ礁再生活動報告交流会 コープサンゴの森連絡会のメンバーが呼びかけ人となり、全国から同様の活動に賛同参加いただいている団体様にお集まりいただき、情報の共有、意見交換を行いました。
2015年11月19日~20日 パルシステム神奈川ゆめコープ 恩納村漁協との交流企画 19日、若手生産者3名、漁協職員1名が20名の組合員との交流会に参加し、翌20日は横浜中センターの協力により、生産者の同乗体験を行われました。午後からは本部で行われたセンター長所長会議で、学習会を行いました。
2015年11月11日 15年度「もずく基金」生産者交流会(コープやまぐち主催) コープやまぐち ココランドにて恩納村漁協山城組合長以下職員、生産者4名をお招きして交流会を開催しました。 学習、サンゴともずくの現状報告後、グループに分かれて意見交流をおこないました。 コープやまぐち役職員、組合員総勢54名の参加がありました。
2015年10月30日 パルシステム 恩納村美ら海産直協議会「海人」交流 パルシステム連合会にて開催しました。もずく料理と海ぶどう等を中心に試食、恩納村の取組みを知る学習、恩納村漁協の皆さんとパル職員の交流、サンゴ移植プレート作りなどを行い、相互の理解を深めました。また、開催に先立ち養殖用の新網購入補助金の贈呈式が行われました。
2015年10月29日 パルシステム埼玉 恩納村美ら海産直協議会「海人」交流 パルシステム埼玉にて開催し、26名の参加がありました。自己紹介の後、サンゴの森づくりの取り組みやもずくの生産方法、加工内容や品質管理の取り組み等、詳しく説明を頂きました。質疑を中心に意見交換し交流を深めました。
2015年10月9日~10日 パルシステム 沖縄恩納村漁協産地研修 パルシステム千葉の職員15名が産地研修企画として恩納村漁協を訪問しました。サンゴ苗作り体験、海ぶどう養殖場、加工センター見学などを通じて漁協の取組みについての理解を深めることができました。
2015年9月2日 第3回海人の料理交流会 9 月2 日~4 日、東海3生協(あま市、岐南町、四日市市)で、恩納村漁協・海人4名、井ゲタ竹内4名の皆さんを迎え、恩納村産のもずくや海ぶどう等を使った料理交流会を生協組合員述べ68名の参加で開催しました。初めて味わうもずく料理や、学習や海人との交流の中で、恩納村漁協のファンが増えました。
2015年8月18日~20日 14年度夏「もずく基金」 産地見学・生産者交流会 継続した取り組みとして、次世代につなげる取り組みとして産地交流会を進めました。中国地区5会員、コープかがわの組合員親子17組、職員6名総勢40名の参加がありました。
もずくとサンゴの繋がりや、現地での体験など親子で学びました。また、交流会で参加者全員から交流会の感想をいただきました。
2015年7月19日 第32回「うんなまつり」 第32回「うんなまつり」にオタフクソース(株)にご協力いただき、「広島お好み焼き」の販売で参加しました。
2015年6月 5周年記念「もずく基金」DVD作成 多くの組合員、職員の方に生産者などのインタビューを含めてこの間の取り組み経過や学習資料として活用いただける“5周年記念DVD”を作成しました。
会員生協(組合員活動、事業系)や過去の産地見学・交流会参加者に配布をしました。
2015年5月15日 パルシステム 第7回恩納村美ら海産直協議会総会 総勢36名の参加のもと開催されました。
2014年度活動報告の振り返り、2015年度活動方針の確認が行われ、継続してサンゴの植え付けや、生産者と組合員との交流を推進していくこととなりました。また、『ほんもの実感!くらしづくりアクション』での2014年度の取組みをたたえ、パルシステムより感謝状が贈呈されました。
2015年4月16日 第4回「サンゴ礁再生事業支援協議会総会」及び14年度「もずく基金」贈呈式 第4回「サンゴ礁再生事業支援協議会総会」及び14年度「もずく基金」贈呈式をおこないました。協議会委員11名、来賓2名、事務局、オブザーバー含めて20名の参加し、5周年記念報告が比嘉様からおこなわれました。
14年度は、組合員さんに万点の対象商品をご利用いただき約204万円の基金が集まりました。
2015年4月11日 コープサンゴの森連絡会(2015)開催 恩納村漁協(沖縄県)にて、各団体の1年間の活動のまとめを報告しました。今後の活動指針について、意見を交換しました。
2015年4月2日 コープの森沖縄恩納村の里海づくり協議会第3回総会 コープぎふ、コープあいち、コープみえ、東海コープの役職員18 名が参加し、第3 回協議会総会と、2014 年度分の3 生協からのサンゴの植樹活用資金729,222 円(前年比104.1%)の目録贈呈を行いました。総会では、恩納村のもずくを使った商品づくり、資金対象商品の拡大等について確認されました。
2015年4月2日 第2回沖縄恩納村・春の親子旅行企画 4 月1 日~3 日、コープぎふ、コープあいち、コープみえの親子6組と事務局職員3 名が交流企画に参加しました。恩納村漁協施設の見学、もずくの異物除去体験、グラスボートによるサンゴともずく養殖場の見学、サンゴの苗づくり、イノー観察など、親子でたくさんの貴重な体験を楽しむことができました。
2015年3月27日~29日 パルシステム 産地へ行こう。『沖縄恩納村・サンゴの森づくり』 パルシステムの組合員とその家族39名が「恩納もずく」の産地である恩納村を訪問しました。様々な体験や漁協の皆さんとの交流・見学を通して、恩納村のサンゴの海を守る活動を理解し、「里海」としての取組みを感じることができた3日間でした。
2015年1月19日~20日 パルシステム神奈川ゆめコープ恩納村研修 パルシステム神奈川ゆめコープの職員10名が産地研修企画として恩納村漁協を訪問しました。もずく養殖場視察、サンゴ苗作り体験、海ぶどう養殖場、加工センター見学などを通じて漁協の取組みについての理解、また、人と人との交流を深めることができました。
2014年11月27日 14年度秋「もずく基金」 生産者交流会 (おかやまコープ主催) おかやまコープ コープ大野辻店で恩納村漁協山城組合長以下職員、生産者9名をお招きして交流会を開催しました。
学習、サンゴともずくの現状報告後、グループに分かれて意見交流をおこないました。
おかやまコープ役職員、組合員総勢61名の参加がありました。
2014年11月20日~21日 パルシステム神奈川ゆめコープ 恩納村漁協との交流企画 20日、若手生産者3名、漁協職員1名が20名の組合員との交流会に参加し、翌21日は横浜中センター様のご協力で、生産者の同乗体験を行われました。午後からは本部で行われたセンター長会議の中で、学習会を行いました。
2014年10月17日~18日 パルシステム 沖縄恩納村漁協産地研修 パルシステム埼玉・パルシステム山梨の職員総勢10名が産地研修企画として恩納村漁協を訪問しました。サンゴ苗作り体験、海ぶどう養殖場、加工センター見学などを通じて漁協の取組みについての理解を深めることができました。
2014年9月29日~30日 パルシステム 「海人(生産者)」との交流研修 パルシステム会員生協の常勤役員8名が参加し、恩納村漁協の「海人(生産者)」との交流を深めました。
2014年9月3日~5日 第2回「海人と料理交流会」 恩納村漁協と青年部4名、井ゲタ竹内より3名が、東海3生協の名張市、下呂市、名古屋市の順に訪れ、沖縄のサンゴやもずくの学習会と併せ、もずく料理・沖縄料理作りの交流会を行いました。3会場で、生協組合員・役職員延べ61名の参加となりました。
2014年8月19日~21日 14年度夏「もずく基金」 産地見学・生産者交流会 夏の取り組みは、次世代につなげる取り組みとして産地交流会を進めており、“もずく”が環境保全に役立ち、サンゴが海の生態系に大きな役割を果たしている現状を聞き、体験、実感したことを親子で学びました。
6会員生協、役職員、組合員親子総勢42名が参加がありました。
2014年8月4日 パルシステム 恩納村美ら海産直協議会「海人」交流 パルシステム連合会にて開催し、60名の参加がありました。もずく料理と海ぶどう等を中心に試食、恩納村の取組みを知る学習、恩納村漁協の皆さんとパル職員の交流、サンゴ移植プレート作りなどを行い、相互の理解を深めました。
2014年7月29~31日 「コープの森 沖縄恩納村の里海づくり協議会」第2回総会 総会は、コープぎふ・コープあいち・コープみえと東海コープの役職員総勢16名と、恩納村、恩納村漁協、井ゲタ竹内の参加で、協議会の目的・目標、2013年度の活動報告、2014年度活動計画、協議会体制等を確認しました。総会と併せて、植樹資金の贈呈式(700,567円サンゴ苗約260本分)とサンゴの苗付け交流を開催しました。
2014年7月19日 第31回「うんなまつり」 今年も第31回「うんなまつり」にオタフクソース(株)にご協力いただき、「広島お好み焼き」の販売で参加しました。
2014年5月8日 パルシステム 第6回恩納村美ら海産直協議会総会 総勢40名参加のもと、恩納村コミュニティセンター大ホールにて総会が開催されました。2013年度の活動の報告として、サンゴの植え付け状況やパルシステムでの学習会の開催状況、組合員との交流の取り組みなどを振り返り、2014年度の取組みの方向性について参加者一同確認しました。また、記念講演会として恩納村漁業協同組合の新組合長でもある山城正己氏から「サンゴ養殖技術における経過・到達点、今後の展望」について講演もいただきました。
2014年4月22日~23日 14年度春「もずく基金」産地見学・生産者交流会 協議会総会・贈呈式後に14年度春「もずく基金」産地見学交流会を開催しました。
6会員生協16名の役職員、組合員理事が参加されました。
生産者を始めとして多くの人との交流を通じて、取り組みへの理解が深まり今後の活動(商品普及や報告)に生かしていく決意を新たにしました。
2014年4月21日 第3回「サンゴ礁再生事業支援協議会総会」及び13年度「もずく基金」贈呈式 第3回「サンゴ礁再生事業支援協議会総会」を行い、その中で13年度「もずく基金」贈呈式を行いました。
13年度は、組合員さんに113万点の対象商品をご利用いただき約190万円の基金が集まりました。
2014年4月4日 コープサンゴの森連絡会(2014)開催 恩納村漁協(沖縄県)にて、各団体の1年間の活動のまとめを報告しました。今後の活動指針について、意見を交換しました。
2014年4月2~4日 第1回「沖縄恩納村・春の親子旅行企画」 コープぎふ・コープあいち・コープみえの組合員親子7組14名と生協役職員6名が参加し、恩納村のサンゴやもずくの学習、海の生き物観察、沖縄料理作り、サンゴ苗付け体験などを行いました。沖縄の観光施設にも訪れて、春休みの楽しい想い出づくりができました。
2014年3月28日~30日 パルシステム 産地へ行こう。『沖縄恩納村・サンゴの森づくり』 パルシステムの組合員とその家族35名が参加しました。様々な体験や漁協の皆さんとの交流・見学を通して、恩納村のサンゴの海を守る活動と「恩納もずく」の取組みを理解し、「里海」としての取組みを感じることができた3日間でした。
2013年5月31日 サンゴ産卵確認 2010年に植付をしたサンゴが産卵したことを確認しました。
2013年5月8日 「恩納村美ら海産直協議会」第5回総会 パルシステムは、関係役員の参加をいただき、昨年の取り組みの総括と来年度の次年度の活動計画について協議しました。又、サンゴの苗作り、加工場の見学を行い里海作りについて学びました。
2013年4月20日 コープサンゴの森連絡会(2013) 開催 恩納村漁協(沖縄県)にて、各団体の1年間の活動のまとめを報告しました。今後の活動指針について、意見を交換しました。
2013年4月19日 第3回「もずく基金」贈呈式 及びサンゴ礁再生事業支援協議会 第2回総会 コープCSネットは、サンゴ礁再生事業支援協議会総会を行い、その中で3回目となる「もずく基金」贈呈式を行いました。2012年度は、組合員さんに113万点の商品利用をいただき約227万円の基金を集めました。
2013年3月30日~4月1日 「産地に行こう」企画 パルシステムは、生協組合員さん約40名と、恩納村漁協と井ゲタ竹内との交流をしました。
2013年3月20日 コープサンゴの森連絡会 第5回事務局会議 パルシステム(東京)にて、商品開発や今後の活動指針について意見交換しました。
2013年1月30日 コープサンゴの森連絡会 第4回事務局会議 コープCSネット(広島県)にて、ホームページ案のプレゼンを受け、意見交換を行いました。
2012年10月12日 コープサンゴの森連絡会 第3回事務局会議 恩納村漁協(沖縄県)にて、ホームページの進捗と各団体の取り組み報告を確認しました。又、家中先生をお迎えし、里海についての学習会を実施しました。
2012年10月11日 サンゴ礁再生事業支援協定 事務局会議 コープCSネットは、「サンゴ礁再生事業支援」活動について、振り返りと今後の活動計画について話し合いました。
2012年8月21~23日 「もずく基金」もずくの古里 産地見学、生産者交流会 コープCSネットは、6会員生協から17家族34名の参加をいただき、恩納村のサンゴ再生の取り組み、干潟の観察、親子共同料理の体験などを通じて交流を行いました。
2012年7月20日 コープサンゴの森連絡会 第2回事務局会議 恩納村漁協(沖縄県)にて、活動を伝える方法に関する意見交換を行いました。また、勉強会についての起案がありました。
2012年7月12~14日 「コープの森づくり」植樹交流会の実施 東海コープは、3会員生協の役職員組合員を含め11名にて、里海づくり学習会、サンゴの生育状況見学、もずくの異物除去体験、サンゴの植付を行いました。
2012年6月 サンゴ苗の植付け開始 恩納村漁協は、コープCSネットから植付け費用の援助を受け780本の植付を開始しました。
2012年5月30~31日 「恩納村美ら海産直協議会」第4回総会 パルシステムは、関係役員の参加をいただき、昨年の取り組みの総括と次年度の活動計画について協議しました。又、サンゴの苗作り、加工場の見学を行い里海作りについて学びました。
2012年5月 サンゴ苗の植付け開始 恩納村漁協は、パルシステムから植付け費用の援助を受け1,000本の植付を開始しました。
2012年4月25日 コープサンゴの森連絡会 第1回事務局会議 パルシステム(東京)にて、活動の広報の仕方、活動効果の検証について意見交換をしました。
2012年4月10~12日 サンゴ礁再生事業支援協議会 第1回総会、及び 産地交流会 コープCSネットは、関係役員の参加をいただき、昨年の取り組みの総括と次年度の活動計画について協議しました。サンゴの植付体験などを通じて里海作りについて学びました。
2012年4月 サンゴ苗の植付け開始 恩納村漁協は、東海コープから植付け費用の援助を受け208本の植付を開始しました。
2012年4月10日 第2回「もずく基金」贈呈式 コープCSネットは、2回目となる「もずく基金」贈呈式を開催しました。2011年度は、組合員さんに104万点の商品利用をいただき約205万円の基金を集めました。
2012年4月9日 第1回協議会総会 コープCSネットは、第1回協議会総会を実施しました。
2012年3月31日 「産地に行こう」企画 パルシステムは、生協組合員さんと、恩納村にてサンゴの移植や郷土料理の体験などを通じて交流を行いました。
2012年3月14~15日 コープサンゴの森連絡会(2012) 開催 恩納村(沖縄県)にて、今後の活動の連携について、意見交換をしました。又、今後も継続して「恩納村コープサンゴの森連絡会」として、情報交換をしながら進めていくことを確認しました。
2011年11月 サンゴ苗の植付け開始 恩納村漁協は、パルシステムから植付け費用の援助を受け2,000本の植付を開始しました。
2011年8月24~26日 「もずく基金」もずくの古里 産地見学、生産者交流会 コープCSネットは、6会員生協から18家族37名の参加をいただき、恩納村のサンゴ再生の取り組み、干潟の観察、親子共同料理の体験などを通じて交流を行いました。
2011年8月3日 3事業連合による意見交換会 井ゲタ竹内(鳥取県)にて、各事業連合が恩納村漁協の行っている取り組みについて、報告と意見交換を行いました。
2011年7月 サンゴ苗の植付け開始 恩納村漁協は、コープCSネットから植付け費用の援助を受け520本の植付を開始しました。
2011年7月1~2日 「恩納村美ら海産直協議会」第3回総会 パルシステムは、関係役員の参加をいただき、昨年の取り組みの総括と次年度の活動計画について協議しました。又、サンゴの苗作り、加工場の見学を行い里海作りについて学びました。
2011年4月28日 サンゴ苗の植付け開始 恩納村漁協は、東海コープから植付け費用の援助を受け123本の植付を開始しました。
2011年4月20~23日 春の産地交流会を実施 コープCSネットは、「もずく基金」の取り組みに、新たにコープかがわを迎え6会員生協の合同企画として、役職員・組合員29名参加で産地交流会を行いました。
2011年4月20日 第1回「もずく基金」贈呈式 コープCSネットは、第1回目となる「もずく基金」贈呈式を開催しました。2010年度は、組合員さんに91万点の商品利用をいただき約170万円の基金を集めました。
2010年11月 サンゴ苗の植付け開始 恩納村漁協は、パルシステムから植付け費用の援助を受け1,300本の植付を開始しました。
2010年11月11日 協議会総会 コープCSネットは、協議会総会を実施しました。
2010年9月17~18日 「恩納村美ら海産直協議会」第2回総会 パルシステムは、関係役員の参加をいただき、昨年の取り組みの総括と次年度の活動計画について協議しました。又、サンゴの苗作り、加工場の見学を行い里海作りについて学びました。
2010年8月18~20日 「もずく基金」もずくの古里 産地見学、生産者交流会 コープCSネットは、3会員生協から役職員・組合員29名の参加をいただき、恩納村のサンゴ再生の取り組み、親子で郷土料理の体験などを通じて交流を行いました。
2010年5月12~13日 サンゴ礁植樹基金スタート 東海コープは、会員生協合同の産地視察を行い、もずくを使った商品を販売することで、サンゴ礁の再生の植樹基金をスタートさせました。
2010年4月9日 サンゴ礁再生事業協力協定調印 コープCSネットは、生協しまねの提案を受け、サンゴ礁の再生基金を積み立てるしくみを中国地区5生協(生協ひろしま・おかやまコープ・コープやまぐち・生協しまね・鳥取県生協)に広げて活動を始めました。
2010年4月8日 基金授与式 生協しまねは、2009年度の「サンゴ礁再生基金」として9万点の商品利用に応じた基金を恩納村漁協へ贈呈しました。
2010年3月26日 「産地に行こう」企画 パルシステムは、生協組合員さん約80名と、恩納村漁協と井ゲタ竹内との交流をしました。海底へ直接サンゴの苗を植付けをする体験もしました。
2010年2月10日 サンゴ礁再生募金 生協しまねは、コープフェスティバルで集めたサンゴ礁再生のための募金を寄付しました。
2010年2月 ポイントカンパ パルシステムは、カタログにてサンゴ植付活動のカンパを募集し約974万円を集めました(2013年4月現在までの集計)。
2009年11月7日 「美ら海産直協議会」設立 パルシステムは、恩納村でサンゴの森を作るためのサンゴ養殖と植え付け活動を行い海を守り豊かにする目的で協議会を立ち上げました。
2009年7月29日 サンゴ礁再生事業支援協定書調印 生協しまねは、恩納村のもずくを使った商品を販売することで、サンゴ礁の再生基金を積み立てるしくみを作り協定を結びました。
環境大臣賞受賞

ページトップへ